注目される伝統的な日本の食事、和食

伝統的な日本の食事

日本人の食事つまり、和食はユネスコ無形文化遺産に登録されているそうです。

「無形文化遺産」は、「世代から世代へと伝承され、社会及び集団が自己の環境、自然との相互作用及び歴史に対応して絶えず再現し、かつ、当該社会及び集団に同一性及び継続性の認識を与えることにより、文化の多様性及び人類の創造性に対する尊重を助長するもの」とされています。

あまりよくわかりませんが、個人的な意見ですが、もはや廃れて、なくなっていく危機のせいで登録されたの?という気もしますね。ちょっと皮肉でしょうか。

農林水産省のページに、「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を、「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されました.とあります。

 「和食」の4つの特徴

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

(2)健康的な食生活を支える栄養バランス

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(4)正月などの年中行事との密接な関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。

以上のようなとても素敵な日本食ですが、一流日本料理店ならともかく一般市民の食事は、いかがでしょうか? 現代社会は、主婦も働く人が多くなっています。独身の一人暮らしで、遅くまで仕事をしている若者も多くいます。

忙しい中で、毎日食べることは必要です。コンビニやお弁当屋さん、もたくさんあり、便利になりました。Convenience Store 便利なお店、つまりコンビニですね。わかっていてもつい手軽に食べて、お腹を満たしていることも多いと思います。

上の農林水産省のお話は理想ですね。、今は少し変化がありませんか?

(1)多様で新鮮な食材は、配送網が発達し、現在は、北海道産を、すぐ気軽に九州で手に入れられます。またその逆もです。私は九州生まれなので、子供のころ、グリーンアスパラは食べたことがありませんでした。お魚も、ホッケなんて知らなかったですね。どんな昔かと思われるかもしれませんが、買い物かごを下げて、毎日母は買い物に行っていました。八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、スーパーは、そんなにありませんでした。冷蔵庫がないほど昔ではないのですが。

(2)一汁三菜はいいですよね。でも、パスタ、中華ということもよくありますし、パンや丼物で済ませることもあります。魚より肉が多くないですか?子供たちは肉の方が好きですし、また値段も安いです。現実問題として、食の欧米化、動物性の油脂の摂りすぎのせいか、生活習慣病も増えています。

(3)器の美しさで、日本食の美味しさを際立たせる、なんて毎日、過ごしてみたいですね。ワンプレート合い盛、なんてよくあります。

(4)これはまだ残っているかもしれませんね。でも、おせち料理くらいでしょうか。節分の恵方巻などは、昔はありませんでしたよね。

何だか説明が長くなりました。次回はもっと身近な現代の和食について話します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク