気になることはやっぱりダイエット・その2

ダイエットについてその2

具体的な方法を挙げます。ダイエット方法はいろいろありますが、器具やサプリメントを使わない普通の方法です。1か月に1~2キロ減が目標です。基本は生活習慣、食事、運動です。

  • 体重を計る習慣をつけます。体重計は重要ですよ。計測は、朝起きてすぐがベストですが、1日の時間を決めて、同じコンディションの時に、計測します。体重計は、グラム単位まで計れ、体脂肪も計れるデジタルのほうが良いです。筋肉量、体内年齢などの表記があるものもあります。記録はしてもしなくても自分がストレスになるか、励みになるかで決めます。毎日計りましょう。そして、1~2キロの増減は、あまり気にしないで、3日~1週間の単位で、考えた方が良いです。習慣ですから。

  • 起きたら、大きく背伸びをして、できれば5分間ストレッチ、筋トレをします。

  • 通勤、通学には階段を使います。歩けるなら一駅前で降りて歩く。歩くときはだらだら歩かない、背筋を伸ばして、大股で歩くことを意識します。意識しなくても歩ける習慣を作りましょう。

  • 食事は、考えて食べましょう。まず、お水を飲むことを意識してください。一日1.5~2Lを飲みましょう。朝起きてすぐ、三度の食事前、寝る前 に飲む習慣をつけると、飲みやすいです。

  • 食事は、初めに、野菜から食べて、スープ、みそ汁など汁物、肉や魚、最後にご飯を食べます。昔は、ごはんを中心に三角食べです、と言われましたが、それではなく、フルコースのように、食べましょう。

  • 主食のご飯は、白米でもいいですが、できれば、胚芽米、分つき米、雑穀米、玄米入りのご飯、などが良いです。白米なら、ゴマをかける、とか海苔と一緒に食べる、などしてください。よく噛んでゆっくり、が理想です。

  • 毎回の食事でなくてもいいですが、一日トータルで、考えて、栄養は取りましょう。まごわやさしい、つまり、豆、ゴマ、わかめ、野菜、魚、シイタケ、芋 を意識してくださいね。3回の食事ごとでなくても結構ですから、昼食、または夕食を意識してください。

  • 今回はサプリメントの話は、入れていませんが、自分のお食事に偏りがある場合は、サプリメントで補うことも必要かもしれません。

  • 揚げ物は毎日はやめましょう。特に買ってきたお惣菜は、油が良くない場合もありますので、ほどほどにしてください。油は必要ですが、揚げ物より、ドレッシングなどの生で食べてください。いい油でやせる効果もあります。

  • 調味料には、少しこだわりましょう。安い肉や魚、お米でいいので、少し高い塩、醤油、油を使いましょう。

  • ダイエットには、パンよりもご飯がお勧めですが、朝食はパンという方は、食べすぎないように、併せて、フルーツや乳製品を取ることをお勧めします。朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅、という言葉もありますね。フルーツも、かんきつ類、リンゴなどが、糖質が少なくて良いです。リンゴは、よく洗って、皮ごと食べましょう。

  • 間食、おやつです。おやつなしは寂しいし、ストレスもたまります。おやつも考えましょう。今カカオ成分70%以上のチョコレートなどがありますので、甘いものがほしかったり、口寂しかったらお勧めです。おやつの時間に、量を決めて、お皿に入れて、ゆっくり、コーヒーやお茶といただくのが良いですね。満足して、食べた、という感じがします。ケーキよりは和菓子が、カロリーは少なめです。

  • 基本的に、スナック菓子、ソーダ類は、ダイエットでは禁止です。お酒もお付き合い程度にならオッケーです。おつまみに気を付けましょう。野菜、ナッツ、チーズなどはオッケーです。つまみ程度にしてください。お酒は、あくまでストレス解消の嗜好品というスタンスです。

  • 食事は満足して、楽しんで食べましょう。一人でもゆっくり味わって食べましょう。たとえ買ってきたお惣菜でもお皿に移して食べることです。そのひと手間が、大切です。

  • 最後ですが、睡眠は大切です。寝るだけダイエット、などもはやりましたね。就寝の時間、睡眠時間、睡眠の質を一度考えてみたらいいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク