玄米って身体に良いんでしょ?

玄米について

玄米は賛否両論あります。付け足しですが、知っていていいお話ですよ。

その前になぜ白米は控えましょう、と言うのかというと、大正時代に、脚気(別名江戸患い)が、猛威を振るいました。当時裕福になった地方のお金持ちたちが、江戸のステイタスである白米を、おなかいっぱい食べました。そんな生活をしているうちに、だるい、つらい、動悸がする、果ては、心不全で亡くなる恐ろしい病気にかかったのです。伝染病か、という話もありましたが、実は、ビタミン欠乏症でした。

また明治時代には、海軍と陸軍の軍医の栄養の見解の違いで、陸軍の方が、脚気が多かったというのも知られています。

白米を食べる場合、副菜に、十分気をつけてください。

ビタミン、ミネラル補給ですよ。

特にビタミンB!です。お米の、米ぬか、胚芽に、含まれています。

英語では玄米のことを、brown riceといいますね。

何回もお伝えしていますが、白米をまず、雑穀米、分つき米、玄米に変えることで、ビタミンB群を摂取できます。今回は、玄米について少しお話いたします。玄米は確かに、繊維質もビタミンミネラルも多く、体に良い食品なのですが、弊害もあります。

まず外殻を食べますので、有機栽培の無農薬のお米を使ってください。健康増進のため、玄米食を試してみよう、とお考えの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。しかし、いざ玄米食について調べると、「玄米は体にいい」という論と、「玄米は体に悪い」という論に出くわします。
なぜこのように、両極端な論が展開されているのか。そのカギを握るのは、玄米に含まれる、フィチン酸、という物質です。玄米の胚芽や表皮にはフィチン酸が含まれており、強い、キレート作用、(金属イオンを結合する作用)により体内のミネラルを結合して排泄してしまう……これが「玄米は体に悪い」とする論の、論拠となっています。つまり玄米を食べると、“ミネラル欠乏”に陥るということのようです。

強力なキレート作用で、体内ミネラルを排出する“フィチン酸”ですが、実は玄米に含まれているのはフィチン酸ではありません。フィチン酸に金属イオンが結合した“フィチン”の形で、玄米の胚芽や表皮に含まれているのです。確かにフィチン酸はキレート作用を持ち、ミネラルと強く結合します。しかし“フィチン”は既に複数のミネラルと結合しているため、体内のミネラルと結合することはありません。つまり、体内のミネラルを、排出してしまうようなことはありません。

ただ玄米は消化が悪いので、十分給水して炊いた玄米を、かなりよく噛んで食べることが必要といわれています。

玄米生食、マクロビオティック、など美容と健康に効果的な方法だとは思います。

しかし、長年生食の方の顔色が悪かったり、生食をしていても癌で亡くなったりする方がいます。

しかも玄米には「発芽抑制因子(アブシジン酸)」という有害物質が含まれているそうです。この発芽抑制因子の毒性が、「細胞のエネルギー工場」と言われているミコトンドリアを傷つけるらしいです。しかし、無毒化する方法もあるようです。

果たして、どうなのでしょうね?十分勉強して、考えて選択したほうがいいみたいですね。繊維質が多いので、腸をきれいにし、排便がよくなり、結果として、ダイエットできた、という話も聞きます。

人間は、本当に一人一人違います。百人百様なので、あの人には、良くても、あなたには悪いかもしれません。

これは単に私の感想ですが、食事は毎日なので、簡単で早く作れるというのが、一番だと思います。仕事をしてたら、帰ってきて食事を作るのに時間ばかりかけていられません。家では3分づきのお米を食べていますが、そんなに白米と変わりません。時には白米も食べます。お寿司とかは白米の方がおいしいですよね。まあいろいろ調べて、考えて、選択してみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク