ビタミン、ミネラルについて・その1

 

ビタミン、ミネラルについて

糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素はエネルギー源として大切ですが、ビタミン、ミネラル、繊維質も重要です。あわせて、6大栄養素です。

ビタミン、ミネラルとは?

ビタミン、ミネラルは、人間の体の機能を正常に保つために、必要なものです。薪を燃やすための、着火剤、つまりマッチと考えてください。ビタミン、ミネラル自体にはカロリーがなく、エネルギー源にはなりません。しかし、体内のあらゆる代謝に関与する酵素の働きを助ける補酵素です。体に必要な三大栄養素、糖質、脂質、体を作るたんぱく質、などのエネルギー源を効率的に使い、体の機能を維持するために必要です。

ビタミンは、病院でお薬としてもらう、またはサプリメントとして錠剤で飲むもの、という認識のある方もいらっしゃるかもしれません。現代は、ビタミン類も化学合成をして作ることができる時代です。

でも、石油から作られるものが、体にとって良いものなのでしょうか?ビタミンは、本来は、動植物から得られる成分、つまり食品です。したがって、動植物が生きるために最も効率の良い形で貯えているビタミンを、天然のまま、体に取りいれるのが、リスクがなく、効率的な方法です。事実、天然のビタミンの方が化学合成のものよりはるかに有効であるとの見解が発表されています。

ミネラルは体をつくり、その機能を正常に保つために欠くことのできない基本的な物質です。一般的にはカルシウムや鉄が良く知られていますが、そのほかにも亜鉛、フッ素、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど、様々なミネラルが、体の機能維持のために働いています。

食事を考えて摂らないで、好きなように食べていたら、こうしたビタミンが不足してしまいます。エネルギー生産は円滑に行われません。それどころか貯蔵エネルギー源として脂肪に転換されてしまうのです。これが、疲労感があって、エネルギー不足を感じながらも、体脂肪が増えてしまうという悪循環のパターンです。

ビタミンやミネラルは、生きていくのに絶対に必要な栄養素でありながら、体の中で作ることができません。食事などを通じて、日々外からとらなければいけません。

ビタミン・ミネラルの種類は非常に多く、その働きもさまざまです。

ビタミンの種類

ビタミンA   粘膜、皮膚の免疫力維持、目の健康、癌の予防に作用

ビタミンC    抗酸化作用で、老化、癌の抑制。コラーゲン合成を助ける。

ビタミンE    抗酸化作用で、老化、癌の抑制。血行を促進する。

ビタミンD    カルシウムの吸収をサポートし、血液中のカルシウム濃度を一定に維持する。

ビタミンK    骨の形成や血液の凝固をサポートする。

ビタミンB1    精神機能の維持。糖質の代謝をサポートする。

ビタミンB2    抗酸化作用(過酸化脂質の分解)脂質の代謝をサポートする。

ビタミンB6    タンパク質の代謝をサポート。神経物質を合成する。

ビタミンB12   赤血球の合成をサポート。神経伝達をスムーズにする。正常な睡眠。

ナイアシン    糖質、脂質、タンパク質の代謝、アルコールの分解をサポートする。

パントテン酸   糖質、脂質、タンパク質の代謝、免疫抗体の合成をサポートする。

葉酸       赤血球や脂肪の合成をサポートする。

ビオチン     糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポート。健康な皮膚や髪を維持。

微量でも、その役割は大きいビタミンですから、不足すると病気に結びついてしまうこともあります。例えばビタミンB1が欠乏すると脚気になるということをご存知の方は多いでしょう。 昔は玄米や七分づきの米を食べたので、ビタミンB1の多い外殻の部分もいっしょに食べていました。でも今は、白米を食べるので、精白でビタミンBやミネラルが失われています。

現代は、大量生産、農薬使用、などの原因で、野菜自体のビタミン量が、昔の半分以下になっています。サプリメントで摂ることも必要かもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク