タンパク質を取りましょう!

タンパク質について

三大栄養素は、炭水化物、脂質、そしてタンパク質です。

成人は体の約60%がお水でできていますが、残りの7~8割は、主にたんぱく質でできています。内蔵、筋肉、血液、肌、髪、その他さまざまな部分が、タンパク質からできています。

魚、肉、卵、乳製品、大豆、豆製品の豆腐、納豆などであるタンパク質を、食事としてまず体に取り入れます。胃や小腸に送られ、消化酵素で分解され、アミノ酸や、アミノ酸がつながったペプチドに分解されて体に取り込まれたあと、必要なタンパク質へと再形成されます。

タンパク質は、動物性と植物性がありますが、アミノ酸の種類が少し違うので、できればどちらも、お食事として摂った方がよろしいそうです。3度の食事に、意識して、動物性、植物性のたんぱく質を取りましょう。例えば、牛乳の代わりに豆乳などいかがですか?納豆を一品足してもいいですね。

卵はコレステロールを上げるから摂りすぎないようにと言われていましたが、完全栄養食品であり、白身はコレステロールを打ち消す働きもあるので、積極的に取っていい食品です。ただし、良い卵の場合であって、量産した安い卵は良くないという話を聞いたことがあります。定かではないので、これは話の種として聞いてくださいね。

自然には多くのアミノ酸が存在していますが、体の材料となりうるアミノ酸は、このうちの20種類です。これら20種類のアミノ酸がそれぞれの目的にあわせて数十~数百個以上結合し、約10万種類のタンパク質に形を変えます。
筋肉や肌、髪が同じタンパク質からできているのに形が異なるのは、このようなアミノ酸の組み合わせによるものです。

また、20種類のアミノ酸のうち9種類は体内で合成できないため食事から摂取する必要があります。これを必須アミノ酸、それ以外の11種類を非必須アミノ酸と呼びます。

お米を主食とする日本人が、一番不足させやすい栄養素です。また、年をとっても、若いときと同じように取った方がいいのが、タンパク質です。お年寄りになると、全体的に食が細くなりますが、若い人と同じように、肉、魚、豆製品は摂るように努めてください。元気なお年寄りほど肉が好きっていうのもありますね。これは本当ですね。

タンパク質が不足すると、体を作る材料が減ってしまうので、筋肉量の減少や、肌や髪のトラブル、集中力・思考力が下がってしまうことがあります。
またタンパク質には保温効果があるため、不足すると体が冷えやすくなる可能性もあります

私たちの体のなかには、約3~10万種のタンパク質が存在するといわれています。そして非常に多くのタンパク質が、それぞれ独自の働きをしています。
体を動かすことはもちろん、栄養や酸素の運搬や免疫機能を保ち、私たちの体を守る働きもあります。
このように体の構造・機能の維持や、体内で触媒や酵素になるものもあり、その働きは多様です。

タンパク質は、必要な栄養素ではありますが、過剰な摂取は体への大きな負担を強いてしまい、逆効果になる可能性もあるそうです。内蔵の負担になります。
しかしタンパク質の必要量は個人によってさまざまです。それぞれの運動量、生活強度によって積極的なタンパク質の摂取が大いに手助けになってくれるでしょう。
タンパク質の効果を上手く取り入れ、健康な毎日を送りましょう。

タンパク質が足りていると

免疫力強化

内蔵下垂や低体温予防

疲労回復

セロトニン、メラトニンなどのホルモンを作る

アンチエイジング、美容効果あり

酵素を作る

炭水化物、脂質不足の場合のエネルギーになる

肉で摂るとカロリーが気になることがありますので、そういう場合は、例えば鶏肉ならモモより、胸肉かささみ、豚や牛は赤身の部位を選んで、蒸したりゆでたりして、良い油のドレッシングで召し上がってみたら、ダイエットにもなりますよね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク