グルテンフリーって??

エネルギーのもととなる、主食としての、穀類の話でもう一つ。

卵、大豆、小麦などはアレルギーの原因になることがあります。

ここでは小麦の話をします。

グルテン (gluten) は、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です。パンや麺類などを作るうえで、弾性や柔軟性を増し、膨張を助ける重要な要素となっています。

グルテンフリーって聞いたことはありますか?グルテンを除去した食品です。

グルテンに過剰に反応してしまうアレルギー体質の人がグルテンを摂取すると、小腸が過敏に反応して消化不良を起こし、吐き気や痛み、湿疹などの症状が表れます。

アレルギーですね。グルテンをうまく消化できない体質の人たちが、グルテンが入っていない食品を取ることで、体調が非常に良くなったというわけです。

以下にグルテンによる病気を挙げておきます。

小麦アレルギー、グルテン過敏症

小麦の中の特定のたんぱく質を消化器官で吸収した時に、体が異物と認識して、排除しようとアレルギー反応が起こります。鼻水、咳などの免疫反応が起きます。

セリアック病

グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患です。小腸の粘膜が炎症を起こしてしまい、下痢、腹部膨満感、過敏性腸症候群、潰瘍等、重篤な症状を引き起こすこともあります。

以上の症状のある方が、グルテン除去食で、改善されたのです。

それでグルテンが入っていない商品、つまりグルテンフリー商品が、商品化されました。グルテンの入っていない、パン、パスタ、クッキーケーキなどです。欧米では、たくさん出ていますが、日本でもネットや、一部のお店で、出て来始めました。

アレルギーだけでなく、聞くところによると、ダイエットにも効果があるそうです。

アレルギーの心配が少ない健康な人たちが取りいれたところ、体調がよくなり、やせたという声が広まり、ダイエットにいい、ということになったようです。新しい食習慣として広まりつつあるそうです。ただこれは、まだ確証のあるお話ではないようですけれど。

また、小麦を食べると 血糖値が急上昇し、それを下げるためのインスリンが過剰に分泌されます。脂肪を溜め込み、結果として太りやすくなるため、ダイエットにパンは不向きといいますね。

さらに、パンには砂糖、ショートニング、マーガリンなどの不飽和脂肪酸が入っているものが多いうえ、ジャムとかバターとかを塗って食べることも多いので、カロリー過多となります。水分が少ないので、ごはんよりもたくさん食べてしまいがちです。パンがダイエットに不向きというのは、そういうわけでもあると思います。

グルテンフリーダイエットは、アメリカの有名スターたちが試して効果があったとかで、もてはやされました。ダイエットには、小麦製品は、確かに不向きといわれます。ダイエットをしているのならば、一日一回、しかも朝か、昼に食べるのがよいでしょう。生活の活動が少なくなる夜に、パンを食べるのは、やめた方がいいですね。

個人的には、パンは添加物が多いので、無添加のものを作るか、買うかして、たまに楽しむか、あるいは、量を少なくすることがいいのではと思います。

小麦粉の代わりに、ケーキなどを作るときに米粉を使って作ることもできます。

小麦アレルギーのあるお子さんにケーキを食べさせたいときにいいですね。

私は、フルーツを入れた水分が多いケーキの時、米粉でよく作ります。小麦粉よりベタベタ感がなく、しっとりと仕上がります。米粉はサラサラしているので、小麦粉みたいにふるわなくていいので楽です。

お好み焼きにも小麦粉の代わりに使います。モチモチ感がでますね。

てんぷらのつなぎなど小麦粉の代わりに使えます。

スポンジケーキは小麦の方がふんわりとできますが。

お米を食べるほうが、体にいいのはわかっても、たまには食べたいパンやケーキ

手作りでどうぞ。

ケーキはフードピラミッドの一番上ということをお忘れなく。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク