栄養について・その1

あなたの口に入れるもの

 

さて栄養ですが、その前に水の話をもう一度。お水と水分は違うということです。

お茶、コーヒーなどは吸収の仕方が成分によって違うし、カフェインは、利尿作用があります。

お酒に至っては、同量の水を飲むことが必要ともいわれています。

一番いいのは少しぬるめのお水といわれています。

1日に1.5~2L 、それも少しずつ、飲む方が、良いのです。

夏だけでなく、冬の乾燥にも気を付けないといけません。

暖房、水不足、インフルエンザなどのウイルスの原因です。

 

栄養

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が6大栄養素です。

 

フードピラミッドを見ていただくとわかります。

それぞれ何を多めに食べたらいいのか、少なく食べたらいいのかがわかります。

バランスよくいろいろなものを30品目食べましょうといわれます。

毎食でなく、一日のトータルでいいというお話ですが、意識しないとそんなに取れないよ、と思いますよね。

 

冷蔵庫に、常備菜があるといいですよね。煮物、漬物、あえ物など。

 

漬物は、市販のものは添加物が多いので、気をつけてね。

加工食品を買うときは、添加物は裏の表示を見て、なるべく、少ないものにしましょう。

ハム、ソーセージなども添加物が多いです。無添加を選ぶ方がもちろんいいのですが、添加物を減らすには一度ゆでて使うといいです。

 

あと具だくさんのお味噌汁があるといいですね。

 

ご飯も白米より、胚芽米、雑穀米、などが○です。玄米は無農薬を選びます。

 

しっかり肉や魚、卵を食べましょう。タンパク質は大切です。豆類、豆腐もいいです、

 

ま ご わ や さ し い  知ってますよね?ぜひ取り入れて食べましょう。

まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも

豆  胡麻  わかめ(海藻) 野菜 魚 シイタケ(きのこ類) 芋  です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク